<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Pelican cafe

c0040171_138466.jpg
ほう、こんな所にって所にあるPelicanCafe. 知ってる人だけが知ってるって程度なので、紹介されてしまうのが嫌な人もいるかも。あは。

c0040171_1402967.jpg
シンプルな店内。でもここで食べる人はあまり居ない。3時までしか営業してないので行くときは注意。

c0040171_142323.jpg
外にはハ~バ~が。う~ん、気持ちええ~~。店内で皆さんが食べない理由は、外の方が眺めが良いから。こんな所で食べると普通のサラダも美味しく感じるねぇ。
c0040171_1433915.jpg
営業時間も短い、オーナーものんびり。あくまでマイペース。関係無いけど、ここのオーナーは大の日本食好き。サンマの塩焼きも日本人並に綺麗に食べれる。魚をこよなく愛し、「漁師」ってあだ名がビッタリの彼。
c0040171_1452120.jpg
メニューはアメリカン・カフェらしく、サンドイッチ、サラダなどがメイン。

c0040171_1472332.jpg
手作りのマフィン。大きくて、外がカリッ、中がしっとりで美味しかった。

Pelican Cafe
[PR]
by Rovrovner | 2005-06-22 01:49 | Eating out

Blooklyn Bridgeの周辺 (Blooklynサイド)(NY番外編)

c0040171_124443.jpg
Blooklyn Bridge。この橋は歩いても渡れます。夏は歩く人達でいっぱい。
c0040171_128284.jpg
このBlooklyn側にある橋の袂には「Blooklyn Icecream Factory」があって、何時もアイスクリームを食べる人達の列で賑わってる。他にもマンハッタンの景色が楽しめる、ドレスコード有りのレストランなどもある。でも、この景色だけでもご馳走。
c0040171_1302486.jpg
その橋の袂を上がって行くと、マンハッタンの景色が一望出来る場所へたどり着きます。(周りの人が冬支度なのは、これは去年の秋の写真だから)。ここからは離れてるけど自由の女神なども見れます。  

c0040171_134338.jpg
ここからの景色を眺めてる人の中に、この景色を食い入るかのように見詰めている男性が居ました。何時までも何時までもこの景色を見詰めていて、それは、何かを決意するかのようで、とても、印象に残ったのを今でも覚えています。
c0040171_1384357.jpg
この場所を背にしてる所がBlooklyn Heightsです。高級志向のアパートもありますので、お金持ちも住んでいますが、カレッジもいくつかありますので、学生さんも多く住んでおり、散歩するにはなかなかもってこいの場所です。
[PR]
by Rovrovner | 2005-06-19 01:45 | NewYork

Bagle(NY番外編)

c0040171_23594792.jpg
NYの朝はべーグルから。どこでも美味しいべーグルは手に入るけど、やっぱりアメリカの本場、NYのべーグルはたかがべーグルだとは思われてない。NYの角々には朝早くからべーグル屋が焼きたてのべーグルを並べる。水が違うと味も変わってくる。NYはハードなタイプ。口に入れるとかじった後の引きがすごい。

旦那の実家の食べ方は、ロックスというスモークサーモンの薄切りを買い、(べーグル屋に置いてる、薄くじかに切ってもらうのがミソ)べーグルを半分に切って、クリームチーズ、ロックス、玉ねぎ、トマト、ケッパーを乗せて、サンドしないで頂く。

Blooklynにある旦那の実家に帰るたびに、このBagleを噛み締め、うっとりした顔で「CAでは絶対に味わえない、NYしか本物のBagleは味わえない」と言い続ける旦那。

ま、私が福岡に帰って、「明太子ととんこつははやっぱり福岡やね~、ごまさばも福岡でしかたべれんちゃんね~」って言う時と同じ位、自分の生まれ育った街の味を誇りに思ってるって事か。

NYの朝はここから始まる
[PR]
by Rovrovner | 2005-06-19 00:05 | NewYork

May Flower

c0040171_911452.jpg

飲茶、この辺りでは外れない店、飲茶好きなら皆知ってるお店。11時に行くと、もう駄目。並んでる。。。。。

c0040171_9124016.jpg
皆、待ちます、待ちます、ワゴンが横を通ったら、ちらっと横目で、皆無言、でも目は「美味しいそ~」。待ってる人達は「はよ食べて帰り~」の光線を食べてる人達に送るので、入り口に近い席にはなるべく座りたくない。ただ祈るのみ。

c0040171_9142420.jpg
30分以上まって、席についたら、「さあ、新客よ!!」とばかりにワゴンを押す女性がわらわらと集まってくる。最初に取ったのはダック。

c0040171_9154484.jpg
くらげ

c0040171_9164853.jpg
シューマイ

c0040171_9173640.jpg
ワゴンを押してた女性を撮ろうとして、彼女も笑顔で協力してくれたんだけど、近すぎて撮れなかった。
c0040171_9184325.jpg
なんだったかもう忘れた一品。

c0040171_9192121.jpg
ワゴンが次から次へと回ってくる。飲茶は本場では寿司と同じように食べ方の規則みたいな者があるらしく、その方面に詳しい人に飲茶の食べ方を教わった事があるのだけど、あの食べ方は、私には無理です、っていうか、アメリカのこの辺りの飲茶のレストランではちょっと無理な食べ方だと思う。皆、小さい子供とか家族連れが沢山並んで待ってるのに、本場中国人だってシャキシャキ食べてるのに、自分達だけあんな本場正式な時間がとろ~んってしてるような食べ方なんてしてたら、ちょっと場を読めない可笑しな人になってしまう、っていうか、自分が好きな物を取れない飲茶って最悪。

c0040171_92483.jpg
数々の飲茶。ルールから大外れでもいいの、いいの、この食べ方で、食べる私が幸せで「美味しかった~」と思える方がいいの。
[PR]
by Rovrovner | 2005-06-18 09:27 | Eating out